ダイソンV8スリムはオススメ?メリット・デメリットを徹底調査!結論は?

ダイソンV8スリムはオススメ?メリット・デメリットを徹底調査!結論は? 家電

 ダイソンのコードレス掃除機…性能は言うことなしなんですが、今まで欠点が1つだけありました。

それは「重い」っていうこと!

2019/10/29現在、最新モデルの「Dyson V11」でも2.72kgあるんですよね。

 

男の私でも、しばらく掃除をしていると「ちょっと重いな…」と感じてしまうことがあります。

女性なら、ほとんどの方が「ちょっと重いな…」と感じる重量です。

そんなダイソンのコードレス掃除機の唯一の欠点の重量を解消したモデル「Dyson V8 Slim」が2019/8/21に日本限定で登場しました!

 

Dyson V8 Slim
Dyson V8 Slim

一見、欠点がなくなったので、めちゃくちゃいいじゃん!と思えますが…。

本当にそうなのか?今回、徹底リサーチしました。

その結果…結論から言うと「おすすめ」です!

 

ただし注意点もあります。

メリット(おすすめできる理由)とデメリット(注意点)をまとめたので、

購入を考えている人は参考にしてみてください♪

 

スポンサーリンク

Dyson V8 Slimはどのくらい軽くなった?

どのくらい軽くなった?

まずは、Dyson V8 Slimで1番気になるポイント!

どのくらい軽いのか?

現在、通常モデルの最新作のDyson V11と重さを比較してみましょう。

 

Dyson V8 SlimとDyson V11の重さ比較

  Dyson V8 Slim Dyson V11
本体の重さ 2.15kg 2.72kg

Dyson公式HPより参照

 

約21%軽くなっています。

また「Dyson V8 Slim」は、「Dyson V11」に比べて、パイプが約6cm短くなって、クリナーヘッドも約40%軽くなっています。

掃除する時の重さは圧倒的に軽くなっていますね。

 

Dyson V8 Slimのたった1つのデメリット(注意点)

かかる時間・必要な時間

まずは注意点からご紹介!

充電時間がDysonの他のモデルだと、フル充電まで、だいたい3時間30分なんですが、

「Dyson V8 Slim」は約5時間もかかちゃいます。1時間30分も長いんですよね…。

また、軽量化のためにヘッドが小型化されているので、1度に掃除機をかける面積が小さくなっています。

 

メリット(おすすめできる理由)

圧倒的に他のモデルと比べて軽い!

Dyson V8 Slimは圧倒的に他のモデルと比べて軽い!

しかも、「Dyson V8 Slim」は「Dyson V8」を小型化したコードレス掃除機なんですが、

小型化したのにも関わらず、「Dyson V8」と吸引力は変わらないんです!(最重要)

小型化したけど、吸引力も下がった…ってなるとDysonのコードレス掃除機のよさがないですからね。

 

私の結論:今使っているダイソンのコードレス掃除機が壊れたらV8スリムを購入します!

私の結論:今使っているダイソンのコードレス掃除機が壊れたらV8スリムを購入します!

私は現在、Dyson V8を愛用しているんですが、吸引力が物凄くて大満足しています。

最新型のV11とかは、さらにV8よりも吸引力が凄くなっているんですが、V8でも物凄い吸引力です。

これ以上、吸引力を上げて意味あんの?ってくらいです(笑)

 

Dyson V8 Slimは、そんなV8と同じ吸引力なので、小型化された分、メリットしかないですよね。

今使っているV8が壊れたら、次は速攻でV8 Slimを購入しようと思っています。

 

今、V8を使っていて、唯一の不満点が、その重さなんです。

掃除機を上げ下げしながら掃除していると どうしても手がちょっとだけダルくなっちゃうんですよね。

 

結局「Dyson V8 Slim」は買う価値ある?V11とどっちがいい?

今回、Dyson V8 SlimとDyson V11をリサーチしてみた結果…

  • 女性だったり、できるだけ楽に掃除機をかけたい!っていう方はDyson V8 Slimがオススメ!
  • 「重さなんて関係ない!」っていう男性なら、現在最強モデルのDyson V11がオススメ!

…っていう結論に達しました。

●現在最強の吸引力のDysonコードレス掃除機

 

●現在最軽量&吸引力抜群のDysonコードレス掃除機

Dyson V8 Slim
Dyson V8 Slim

 

最後に…Dyson V8を使っていて満足しているポイントをご紹介!

いい所・おすすめポイント

↓ここからは、ダイソン全般に言えるオススメポイントを紹介しておきます。

ダイソンを使ったことがある人は、すでに実感できていると思うので、読み飛ばしてください。

  • 他の掃除機を圧倒する吸引力(さすがのダイソンの吸引力でホコリなどのアレルギー物質を吸引!)
  • 普通の掃除機では吸引できない謎の白い粉がめっちゃ取れる!
  • ホコリアレルギーの私がDysonのコードレス掃除機を使うようになって鼻水がでなくなった
  • 布団やベッドもキレイに掃除できる!
  • フィルター交換の必要もなく、紙のフィルターを買うっていうランニングコストがかからない
  • ハンドクリーナーにもなる(車の掃除、布団・ベッド、ソファ、テーブルの上などちょっとした掃除に便利!)
  • 見た目がオシャレ♪(所有欲を満たしてくれる)

…まとめると、↑こんな感じです。

 

Dysonを使ったことがある方なら、わかると思うんですが、普通の掃除機では吸引できない謎の白い粉がめちゃくちゃ取れます。

おそらくフケとかなんでしょうが、吸引されたその白い粉を見る度に、めちゃくちゃ部屋がキレイになってる〜っていう実感が湧くんですよね。

めちゃくちゃホコリを吸ってくれるので、掃除機をかけた後の床がツルツルになるのも気持ちいいんです。

 

何より、私はホコリアレルギーで、ホコリがある場所ではすぐに、くしゃみが頻繁に出て、鼻水もダラダラ出てしまうんですが、Dysonで掃除をするようになってから、自分の家ではホコリアレルギーの症状が出なくなりました。

これが、かなりの大きな理由で、他のコードレス掃除機よりも高いけどDysonから離れられない!っていう感じになっちゃってます。

 

Dyson(ダイソン)以外のコードレス掃除機を検討したい方は…

↓この記事でDyson(ダイソン)以外のコードレス掃除機の情報をまとめています。

マキタ Dibea ダイソンのコードレス(充電式)掃除機どれがいい?選ぶ時のポイント
一昔前まで、コードレスの掃除機と言えば、ダイソン(Dyson)一択でした。 でもダイソンのコードレス掃除機って高いですよね(汗) でも最近は、マキタやDibeaなど、ダイソンよりも格安のコードレス掃除機が登場しています。 これは、...

Dysonが欲しいけど、値段が高くてちょっとな…っていう時の代替コードレス掃除機の情報を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました